So-net無料ブログ作成
筋肉増強

アルツハイマー発症前に判定できる新技術!研究グループにはノーベル賞受賞者の田中耕一さんも [医療・衛生]

スポンサードリンク








血液を調べることでアルツハイマー病の原因物質が脳に溜まっているか判定できる新技術が開発されました。



国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)と、2002年にノーベル賞を受賞した田中耕一さんのグループによる共同開発です。

アルツハイマー病は原因であるたんぱく質「アミロイドベータ」が脳に溜まることで始まる病気です。
進行していくと、神経細胞の機能低下、認知症などの症状が見られます。

アミロイドベータは、アルツハイマー病を発症する10年以上前から患者の脳に溜まることがわかっていましたが、今までは検査を簡単には行うことができませんでした。

今回開発された新技術は血液が数滴あれば検査が可能であり、実用化に至れば健康診断などで採血を行った際に検査を行うこともできるとのことです。

また、研究チームのコメントから、アルツハイマーの発症を防止する薬や治療薬の開発にも役立つことが期待できそうです。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。